WordPressの管理画面解説

WordPress導入が完了しあなたのWordPressサイトにアクセスすると、実にシンプルな画面が現れます。2カラム構成で右のカラムに「Hello world!」の言葉。

initial-image

これがWordPress導入直後の初期設定のままの画面です。これをスタートにして先ず初歩的なこんな 演習サイト を作り上げていきます。

なお、今ご覧のこの王道サイトのデザインは、作るのに若干手間がかかるので別途解説します。

WordPressにはテーマと呼ばれるテンプレート(型紙)が3種類、標準で付属していて、上記画面はその中の「Twenty Fifteen」というテンプレートが使われています。

画面の最上部に黒い帯がありますが、これはサイト運営者、つまりあなたがログインして自分のサイトを編集している状態を示しています。訪問者の画面には表示されません。

この黒帯にあるサイト名の部分にマウスポインタを載せるとプルダウンメニューが開くので、その中の「ダッシュボード」をクリックします。

すると左側に項目が10個ほど並んだサイトの管理画面が開きます。「ホーム」「投稿」「メディア」「固定ページ」など。この部分がアイコンだけの場合は、折り畳まれ状態なので画面を横方向に伸ばすと表示されます。

各項目を簡単に説明しちゃいましょう。

◇ ホーム:お知らせページみたいなものです。私はほとんど見ませんが。

◇ 投稿:ここから記事の投稿や編集をします。プルダウンメニューからはサブ項目に直接飛べます。

◇ メディア:画像などの挿入時に使います。

◇ 固定ページ:WordPressには通常のブログ記事の他に独立したページを表示する機能があります。固定ページはビジネスサイトには必須なので、別にもっと詳しく解説します。

◇ コメント:訪問者からのコメントを管理します。

◇ 外観:画面のデザインを選択したり小道具類を設定します。サブ項目の「テーマ」をクリックすると標準添付のテンプレート一覧が表示されます。

無料や有料のテンプレートを導入するとここに追加されていきます。「有効化」をクリックするとそのテンプレートが有効となり、一瞬で画面のデザインが変化します。着せ替え人形のイメージですね。

◇ プラグイン:ありとあらゆる便利な機能をWordPressに追加できます。とはいえ追加し過ぎには注意。表示が遅くなったり不具合が出たりします。

◇ ユーザー:管理画面の配色とかあなたのプロフィールを設定。

◇ ツール:この項目は忘れて結構です。

◇ 設定:WordPressサイトの重要な項目をここで設定します。

以上、WordPressの最も基本的なところを見てきました。この初期設定のままブログを始めることも可能ですが、趣味でやりたい人も、がんがんとネットビジネスを始めたい人も、あの画面では素っ気なさ過ぎて全然やる気が湧きませんね。

そこで世のWordPress利用者のほとんどは自分でWordPressをカスタマイズしたり(セミプロ級の利用者向け)、市中のテンプレートを導入しカスタマイズを加えて自分好みのサイトを作り上げています。

というわけで、このサイトも「王道のネットビジネス」に最も適したテンプレートを導入し、簡単なカスタマイズ(自分用にアレンジすること)を加えて、あなたのネットビジネスを支えるWordPressメインサイトを作ることにします。

そうすることでWordPressの使い方を学べるだけでなく、目的に沿ったサイト作りが同時にできる利点があります。

そして私が最適なテンプレートとして選んだのが「賢威」です。賢威はテンプレートと300ページ弱のSEOマニュアルと購入者サポートがセットになった、人気の優れもの情報商材です。

この「王道のネットビジネス研究所」はもちろん「賢威」で制作したものです。このサイトでは「賢威」を使ったビジネスサイトの制作過程を丁寧にご紹介していますので、是非あなたのメインサイト作りのお役に立ててください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ