WordPressの導入:初心者向けガイド

AmebaやFC2に比べて、難しそうに見えるWordPressを使ったブログ。確かに入り口を間違えると、富士の樹海に迷い込み何も得ぬまま挫折して人里に戻ってくる、というパターンになりがちです。

実はパソコンやウェブサイトに詳しくない人がWordPressを始めるにはちょっとしたコツがあるのです。

それは、始めは深く突っ込まない・他人様のひな型を借りる・まずやってみる、です。敬遠しがちなWordpress、実はわりと簡単なんです。面倒なPHP言語で書かれたファイルに深入りしなければいいのです。

ここで、普通のホームページ作成の基本とされるHTMLを使ったウェブサイト、FC2などのブログサービス、そしてWordPressを簡単に比較してみましょう。

ブログ変更表

*WordPressの場合はヘッダー、フッターなど各部分が個別のPHPファイルで作られ、ユーザーが編集もできます。

図の中にPHPというのが出てきます。これが私たち素人にはなかなかやっかいです。普通のブログサービスでも使われていますが、背後で動いているのでその存在を意識していません。

しかし、WordPressでは基本ファイルとしてPHPファイルとCSSファイルが利用者に加工可能な状態で提供され、PHPなんか知らないと言っても困ることになります。

「王道のネットビジネス」ではメインサイトをWordPressで作ることを前提にしていますし、このサイトももちろんWordPressです。

そこで、WordPressのしくみや使い方を解説・・・・・と普通はなるわけですが、そうはしません。いきなりWordPressでメインサイトを作ってしまいます。そして作りながら最小限の知識を学んでいくという方法を取ります。

なお、「王道のネットビジネス」におけるメインサイトの重要性や使い方、サイトテーマの決定ついては、メルマガ無料講座で解説していますのでそれをご一読ください。購読はサイト上部の「無料講座」からどうぞ。

さていよいよ実際の作業に入ります。

導入準備:ドメイン取得

ドメインとはサイトのURLである「http://jnet-biz.com/」の「jnet-biz.com」の部分です。他のブログサービスでは不要ですがWordPressは自分独自のドメイン取得が必須です*。

WordPress.comを使ってWordPressを体験してみる手もありますが、その簡便さと不自由さはAmebaやFC2などのブログサービスを利用する簡便さ不自由さと同種のもの、わざわざWordpressを選ぶメリットが薄まってしまうのでお勧めしません。

「ドメイン取得」で検索しサービス提供業者を選びます。最初の1年は700円前後で取得可能、1年間有効です。彼らも商売、ドメインの認知度が上がった2年目以降は料金が2倍弱になるのが悔しいところ。ネットの比較サイトも参考にするといいでしょう。

ドメインは、次項で説明するサーバーレンタル業者からも取得可能なので、管理を楽にしたければそれもいい選択だと思います。

導入準備:サーバーのレンタル

HTMLを使ったホームページでも同じですが、WordPressはサーバーのレンタルが必要です。ネットビジネス開始時点では年間レンタル料5000円程度のサービスで充分と思います。ただ、中にはWordPressの設置ができないサーバーもあるのでその確認だけはしてください。

サーバーのレンタル手続きが完了したら、先ほど取得したドメインとレンタルしたサーバーを関係づける必要があります。

レンタル会社のネームサーバー名を調べ(ネット検索ですぐわかります)、その情報をドメインサービス業者のサイトで設定します(通常、「ネームサーバー設定」などの項目が該当。)

ネームサーバ-名とは例えば、下記のような文字列です。ネームサーバーは複数あり、ドメイン業者の指定に従って、ドメイン業者のサイトで入力します。

・Xサーバー:ns1.xserver.jp ns2.xserver.jp
・さくらサーバー:ns1.dns.ne.jp ns2.dns.ne.jp

なお、ドメインをサーバーレンタル業者から取得した場合は以上の処理は不要です。

WordPressの自動インストール(おまかせ式)

次はレンタルしたサーバーにWordPressのファイル群をインストールします。簡単に言いますと手動と自動の2種類があります。

手動とは、ファイル群を自分のパソコンにダウンロードし、それをファイル転送ソフトを使ってサーバーにインストールする標準的な方法。

一方の自動ではサーバー業者にインストールを一任する方法で、クイックインストールなどと呼ばれています。

自動ではおまかせが過ぎて、どこにどんなファイルがあるのか知らないままWordPressを使い続けることになります。これでは折角のWordPressの自由さとかカスタマイズ性を利用できずとても残念です。

しかし初心者が最初から手動でやるのはなかなか容易ではありません。

まずやってみて覚えるのが「王道のネットビジネス」のポリシー、というわけで先ずは迷うことなくお任せインストールを選びます。手動インストールはWordPressに慣れてからやればいいのです。

サーバー業者のサイトの指示に従い、情報を入力すればインストールができてしまいます。

途中でユーザーネームやパスワードを何度も聞かれるので、何のための登録情報なのかを意識しながら必ず記録を残しておきます。

インストールが成功すると、あなたのドメイン名を冠したあなた専用のWordPress画面が開きます。始めてだったら、この時点でちょっとした感動を味わえるはずです。

※さくらサーバー使用時の注意
さくらサーバーのクイックインストールを利用すると、サイトトップページのURLが若干不愉快なことになります。詳細は省きますが次のような違いです。どちらもトップページなんです。

・最初イメージしていたTOPページのURL:http://jnet-biz.com/
・クイックインストールの結果:http://jnet-biz.com/xxxxxx/

xxxxxxの部分はインストール時に書かされるファイル名です。ファイル名を記入しないとインストールが先に進めないのです。というわけで、これでもいいならさくらのクイックインストールを利用。

不愉快と感じたら、さくらサーバーのまま下記の手動インストールに切り替えるか、他のサーバー業者を選びます。

WordPressの手動インストール

手動でインストールするには、まずファイル転送ソフト(FTPソフト)を入手し、次にダウンロードし解凍したWordPressファイルをレンタルしたサーバーにアップロードすることで行います。

FTPソフトは無料のソフトがたくさんありますが、その中で管理人のお勧めは「FileZilla」です。ダウンロードサイトは英語ですが、使用画面は日本語化され、また転送速度も速いと思います。

「FileZilla」のダウンロードからWordPressの設置までを解説した下記のサイトはとても参考になります。そちらを参照して手動インストールを完了させてください。

なお、同サイトではさくらサーバーへのインストールを例にして解説しています。他のサーバーを利用の際はそのサーバー業者の提供するインストールの手引きも参照する必要があります。

参考リンク:「FileZilla」の使い方と設定方法
参考リンク:WordPressのファイル群をサーバーにアップロードする方法

さていよいよ次はWordPressという入れ物を使ってあなたのサイトを作っていく番です。何かを手作りするような、そんな楽しさを味わってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ