賢威で作るメインサイト7:超厳選プラグイン

今回は「賢威で作るビジネスサイト」シリーズの最終回ということで、王道サイトが使うWordPressプラグインをご紹介します。

王道サイトはプラグインは少なければ少ないほどいいと考え、世にあふれるプラグインから厳選しました。全部が定評のあるプラグインです。

サイトのバックアップ:UpdraftPlus – Backup/Restore

指定した間隔でWordPressファイルを丸ごとバックアップし、復元してくれる高機能のプラグインです。下記の紹介サイトはデータ消失時の復元作業まで触れており安心感が倍増します。

なお、PHPファイルの編集中にミスをして画面が真っ白になる、ついでに頭の中も真っ白になるなどのトラブルは結構経験しますが、それは他の方法で復旧させましょう。このツールは最後の砦です。

参考リンク:UpdraftPlusでWordPressを丸ごとバックアップ 

サイトマップの作成:PS Auto Sitemap

サイト内の記事の全容を教えてくれるサイトマップは閲覧者にはもちろん、運営者にも便利です。このプラグインは新規投稿時の自動更新、日本語対応、表示方法が選択可能など使い勝手が良く人気があります。

参考リンク:PS Auto Sitemap (サイトマップ自動表示プラグイン)

なお、賢威WordPress使用者は導入マニュアルの「12.サイトマップの作成」をご覧ください。「賢威」もこのプラグインを勧めています。

サイトマップの作成(検索エンジン用):Google XML Sitemaps

これは検索エンジン向けのサイトマップ(XMLファイル)を自動で作成・設置・更新してくれるくれる定番中の定番プラグインです。

作成されたファイルはデフォルトでは「sitemap.xml」の名前で、WordPressのフォルダの中に設置されます。

このXMLサイトマップを設置するだけでも検索エンジンによるサイトの拾われ易さの向上が期待できますが、Search ConsoleというGoogleのツールに登録することで効果が倍増します。

先ずはXMLサイトマップを自分のWordPressサイトに設置しましょう。

参考リンク:Google XML Sitemapsプラグインの使い方

Search Consoleへの登録はこちらの記事を参照してください。

フィードの自動送信:PubSubHubbub

サイトの更新情報をサイトマップより素早く、軽快に、Googleにお知らせするもの。記事追加や更新したのにクローラーの反応がどうも鈍い、と感じたら使ってみましょう。

導入して有効化すれば、それで完了です。

問い合わせフォーム:Contact Form 7

WordPressに簡単に問い合わせ用の固定ページを追加できる便利なプラグイン。

自分のメールアドレスは公開しないので大量のスパムメールに悩まされることもありません。設定次第でなかなかの高機能ですが、始めはデフォルトレベルで充分です。

参考リンク:Contact Form 7プラグインの使い方

リンク切れチェック:Broken Link Checker

ページ内に張った外部サイトへのリンクの有効性をチェックし、不具合があればメールで通知してくれます。修正方法も管理画面から簡単に行えます。

さて、以上で「賢威で作るメインサイト 全6回」が終了です。あとは実践あるのみ、細部にあまりこだわらず、最終形をイメージしながら急がずにノンビリやるのがいいかと思います。

それにしてもWordPress、無料で使っていますが商用でも趣味でもその可能性は無限だとつくづく感じます。

そしてWordPressをベースに「賢威」で武装したこの「王道サイト」という提案、是非あなたのサイト作りにお役立てください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ