賢威で作るメインサイト6:アクセスUP!

前回の記事、WEBライティングで記事作成段階で行うべき内的SEOを解説しました。今回はもう一つのSEO、ネット社会での認知度アップ、サイトへのアクセスアップを目的とした外的SEOに焦点を当てます。

賢威SEOマニュアルには外的SEOについての詳細な解説がありますが、ここではあまり深入りせず関連情報も交えて初歩的な解説をします。

初歩的と言っても立ち上げ時の王道サイトとしては充分なレベル、実行も容易で大きな効果が期待できます。

サイトを公開したらまず最初に行うのが検索エンジン巡回促進策です。Googleの検索エンジンにサイトの存在を知らせ、頻ぱんに巡回してもらい、検索上位表示への基礎づくりをします。

公開直後の巡回促進策

インデックスされたかの確認

インデックスとはGoogleが新規サイトを見つけそのデータベースに登録することです。まずインデックスされないと、巡回ロボット(クローラー)も来ないし検索結果にも反映されません。

インデックスはGoogleが他サイトからのリンクをたどって自動的に行う場合と、こちらからアクションを起こさないとだめな場合があります。Googleのインデックスには数日かかるので、その後に次の方法でインデックスされたかどうかを確認します。

確認法:siteコマンドというの使います。site: の次に調べたいURLを入れ、それをGoogle検索します。この王道サイトの例では次のようになります。site:http://jnet-biz.com/

URLはトップページでも個々のページでもOK、インデックスされていれば検索結果が表示されます。

トップページで検索したときは傘下のページも表示されますが、歯抜けだったりもします。表示されないページはGoogleが登録するに値しないと判断したかクローラーの気まぐれか。

何れにしてもあまり気にしないことです。何度か試してみて大事なページが抜けていれば、登録を促す方法もありますので(後述)。

クローラーの巡回促進策

クローラーはインデックスしたページを巡回しますが、その頻度はサイトの人気や認知度や元気さによって大きく変動します。更新が長期間途絶えたりアクセスもないと全く来なくなります。いろんな方法でクローラーの関心を引き、巡回の促進と継続をはかることが必要です。

1.こまめにサイト更新する

サイト更新はページ追加が理想ですが、ページ当たりのボリュームが大きいとページ追加も大変です。その場合は、不自然にならない程度に文章を切り更新を数回に分ける手もあるでしょう。

あるいは、サイト公開前に記事原稿を蓄積し、最初の1~2ヶ月で計画的に投稿して行く方法など。また時間がないときは誤記訂正でもいいんです。

2.Googleにサイト情報を伝える

サイト側で作成した情報をGoogleに伝え、クローラー巡回への好影響を期待するものです。具体的にはXMLサイトマップとフィードをGoogleに送信します。以下、WordPress利用を前提にして解説します。

※XMLサイトマップ:Webサイト内のページを検索エンジンのクローラーに 知らせることができるURLのリストで、専用フォーマットで作ります。

※フィード:RSSフィードのことで、サイトマップよりサイズが小さく軽快に動作する更新情報です。サイト更新の都度、タイムリーに情報を伝えます。

まずXMLサイトマップですが、WordPressプラグインでサイトマップを作り、それをGoogleの専用サイトを経由してGoogleに送信する手順となります。

■ サイトマップ作成:Google XML Sitemapsというプラグインを導入し有効化すると、サーバー内WordPressの一画に「sitemap.xml」が作成されます。

参考リンク:超厳選プラグインの該当箇所

■ Google専用サイトへのアカウント開設:Search Console(旧名称はウェブマスターツール)にアカウントを作ります。

■ Search Consoleにあなたのサイトを登録、次にサイトマップを登録:そうすることで、Googleの検索エンジンにサイト情報が伝わります。

参考リンク:Google Search Consoleの使い方と登録方法

※Search Consoleはサイト運営の強力な武器となります。時期を見て使い方をいろいろ研究されるといいでしょう。

次はフィードです。あなたのWordPressサイトのダッシュボードを開き、設定 → 表示設定へと進みます。「RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数」をデフォルトの10から100に変更、その下の全文表示か抜粋かは、抜粋の方がいいでしょう。変更を保存します。

そして次は舌をかみそうなプラグイン、PubSubHubbub、をインストールして有効化すればそれで完了です。

参考リンク:超厳選プラグインの該当箇所

他にも巡回促進策としてPING送信などがあります。効果は少し劣るものの興味のある方はネット検索して試してみるといいでしょう。

巡回促進策その2:Fetch as Googleを利用する

ページ数との兼ね合いもありますが巡回促進をもっと活発にやりたい場合は、Fetch as Googleというツールを利用します。前述の促進策は基本的にクローラーの巡回を促すもの、このFetch as Googleはクローラーを自分のサイトに呼び出すイメージです。

Fetch as Googleもサイトマップと同様、Search Consoleにログインして利用します。

使い方は次のサイトを参考に。取りあえず、使いたい場面1:インデックスさせたい時と、使いたい場面2:ページを更新した時、ぐらいでいいでしょう。

参考リンク:Fetch as Googleの使い方!0.1秒でも早くサイトをクロールしてもらう!

ある人は公開直後の最初の1ヶ月、こまごまとした修正も含めてFetch as Googleを続けたところクローラーの巡回頻度が高値安定し、その後も好結果を持続したそうです。

じっくり取り組む外的SEO

賢威SEOマニュアルによれば、外的SEOとは「良質な被リンクを獲得する諸施策」のことです。口コミなど自然発生的な被リンクのことで、これはGoogleによるサイト評価のトレンドにも合致しています。

自然発生的な被リンクとは例えば、Twitterでの紹介・拡散、はてなブックマーク登録、Naverまとめでの紹介など。この辺はGoogleもしっかりとチェックしています。

詳しくはSEOマニュアルをご覧いただきたいと思いますが、クローラー巡回促進のような半ば機械的な作業ではなく、良質で面白いコンテンツを提供し続ける基本的な取り組みが必要になってきます。

そうした長期的な外的SEOの結果が巡回頻度アップ → ページ評価アップ → 検索結果上位表示 → アクセスアップとつながり、そしてまた巡回頻度アップから始まるサイクルへの好循環につながっていきます。

まあとにかく、やることがたくさんあって大変です。はい!

サブコンテンツ

このページの先頭へ